福祉の仕事・求人

就職先を探している新卒の学生や、ハローワークで働き口を探している人が見る求人には、福祉の仕事が多くあるのではないでしょうか。
ヘルパーや介護職につく人を探している福祉施設はたくさんあるため、関心を引くこともあるのではないでしょうか。
福祉の仕事は、高い失業率をキープしているこの状態でも、常に求人が出ているようです。福祉の仕事は常に求人があるものの、仕事がきつい割には、給料が安いというイメージがあります。

業界全体が人手不足に陥っているとされています。今は世界的にみても不景気の時代ですし、日本では少子高齢化も問題になっています。
企業の倒産が続く中、なりたい仕事があってもなかなか就職先が見つけられないこともあるようです。
日本経済が低迷していたとしても、福祉の仕事は変わらずになり手を求めるだろうとされています。福祉の仕事は、困っている人のサポートをして、その人が必要としている介助をするというやりがいのある仕事です。
福祉関係の業界での職種は、介護士や看護師、ヘルパーにケースワーカーなど多岐にわたっています。どんな仕事が福祉の仕事と言われているのか、関心を持った人ならばリサーチしてみるのもおすすめです。
福祉の仕事はパートやアルバイトでの募集もよくあるので、短い時間で働く仕事としても十分に活用できます。
検索はこちらから。
ハローワーク

福祉関係の仕事も多く掲載されています。
三木市 求人
介護・看護の求人も掲載中。
世田谷区 求人

facebook キャンペーン 事例

Facebookのキャンペーン。
ネットのサービスをどんどん飛び出して、リアルな店舗で実施をしていますね。
2012年には、コンビニのクーポンなどわかりやすいものを皮切りにどんどん大手企業がキャンペーンに取り組むニュースが流れていました。

Facebook キャンペーン 事例
↑こちらのサイトでも紹介されています。

上記のサイトの事例とは異なるのですが、
まだあまり見かけないスーパーの事例、イオンのfacebookページを紹介してみます。
https://www.facebook.com/aeonretail
さすがに大手。9万人近いユーザーがいいねをしています。(2012年12月現在)

○キャラクターを通じたコミュニケーションをとっています。

ソーシャルメディアでは、人やキャラクターを使った方がコミュニケーションは圧倒的に取りやすいです。
人が交流するサイトなので、当然ですよね。
イオンのキャラクターはあまりCMなどでも馴染みがないですが、facebookページのキャラクターは、テンちゃん10歳。です。
紹介ページにプロフィールも紹介され、キャラクター設定されています。

時々、専門的な質問がくると担当者が代わって投稿する。
みたいな感じで運用されているようです。

○芸能人をフックにした集客。

『いいね!』を押すと中が閲覧できるヒートファクトのプロモーションコンテンツ。
韓流スターを使って、いいねを押すとコンテンツをプレゼント。
といういいね!が集まるキャンペーンを展開しています。

などなど、Facebookページを活用して集客・ファン化などの戦略を進めているスーパーもあります。

こういったサイト、Facebookページ、アプリ開発などは、
専門企業に相談して企画からしていくのが良いでしょう。
こちらの企業が法人のFacebook運用では実績があるようです。

Facebook 企業利用

ソーシャルアプリ 開発